2021 年 アーティストの“成長”

 

おかげさまでアーティストが順調な成長を遂げています。

■ 2021年度 応募総数(6名)

デビュー1名

デビュー目前1名

計2名がアーティストの道を前進中です。

【学びその1】

私達は技術・画力は基本として

何より(人間学)を徹底して教えています。

デビュー後に人となりを学ぶのではなく

・お客様を迎える上で

・裏表のない

・思い遣りのある人間を育てること

ここに重きを置いています。

【共通点】

目標を達成できる者そうでない者に共通点があります

・素直力

・継続力

・アンテナ力

この3つが基本ベースに必要となります。

これらすべての逆が

・自分流のマイペース

・続かないその日の気分

・捉え方にバリエーションのない被害者意識

成功と失敗の分岐点はいつも自分自身の意識にあります。

・人のせいにしない(自責型)

・人を悪く言わない(ものの捉え方)

・人様に感謝をする(意識軸)

どんな失敗も人のせいにしたところで相手は変わりません。

相手を変えることより自分が変わる意識を常に持つ意識。

仮にネガティブな感情に押しつぶされそうであっても

ご縁のあるお客様を迎える上で、相手に失礼であり関係のないことです。

日々自分が学んでいることの予習と復習が出来ていれば

悩んでいる時間があれば、即行動できます。

【ご縁を大切に】

一生のうちにご縁のあるお客様の数にも限りがあります。

そのひとつひとつを(大切に)お迎え出来るか否かは(人間力)です。

お利口さんをブリなさいと言う訳でなく

自然と相手を思いやるには→日々の生活の意識→気づき→行動→予習復習→習慣化など

掘り下げていけば原因(原点)が見えてきます。

原因の改善や軌道修正など、的確に指導します。

言われてから行動するのは苦痛に思う時もあるでしょう。

私達は経験則でしか教え伝えることが出来ません。

失敗から学んだからこそ(どこで躓きやすいのか)改善点はどこにあるのかが見えています。

必死に学びを得て吸収して自分のもの(財産)にしてください。

【見えるところは当たり前・見えないところがメイン】

見えない努力があってこそ

見える努力が生きてきます。

表面だけで努力しても(表と裏のある人間性)でいては本末転倒。

そうした背景から、根拠を持って第一に学ぶべきは人間学であると考えて教え伝えています。

当たらない努力より当たる努力。

当たる努力にも素直力。

どの世界でも覚えることの連続です。

それでも、すべてが繋がっています。

努力や苦労は買ってでも(投資)を惜しまず。

積み重ねた(当たる努力)の先に待つご縁を

楽しみ・喜び・感謝で結べるように。

今日も張り切って行きましょう。

高いところから失礼しました。

Instagram